東京にゴワテックスが違和感あり過ぎた..........こってぃーです。









ドーピング、アンチドーピングって世間一般的にはどれほど知られているのでしょう。



自分は運がいいことにカーリングを通して様々な研修を受けることが出来ているので



アンチドーピングについて、十分な知識があるとは思っていますが



たぶん、他のアスリートの方々に比べたらまだまだなのでしょうね。



特にカーリングはいつの間にかアンチドーピングについて気を付けなくてはならない立場になっている人が多いのではないかと



中でもジュニア選手はいつまでも他人事では無いです。



なんか偉そうに言ってる感じですが、自分もここ数年で意識するようになったので遅いくらいです。



とは言いましたが、ここでそれらについて全てを書くのは(自分の文章力的に)無理なので



日本アンチ・ドーピング機構(JADA)のホームページのURL貼っておきます。



調べて下さい。



って言うのも話題出しておいて投げやり過ぎるので笑



1つ具体的なアンチドーピングの行動を紹介します。



下のURLは自分がいつも薬を飲んだりする時に利用してるglobalDROというものです。



簡単に言えば飲もうとしてる薬が認められているのか、禁止されているのか調べるサイトですね。世界アンチドーピング機構公式のものです。 
Screenshot_20181228-004346
こんな感じに調べることが出来ます。



自分の体に入るものは自分で責任持とうってことですね。



自分で摂取しようが、他人の仕業であろうが検査時に禁止物質が出たらアウトです。



例えると、自分はそばアレルギーなのでそばを食べなくても、調理の過程でそば粉が混入してたりしたらアレルギーが発症するのと一緒です。



最後の例え話は必要なかったかな笑



では、また明日!